コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線量計APD

1件 の用語解説(線量計APDの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

線量計APD

体の外から浴びた放射線量を刻一刻と表示し、設定した値に達すると警報が鳴る。男性は胸ポケットに入れて働く。東電は福島第一原発で働く作業員全員に毎朝貸し出し、その日の作業が終わると返却させている。大量の放射性物質が放出された事故直後の現場では作業員に危険を知らせるため特に重要な装備で、作業員が浴びた累積線量のデータにも使われている。

(2012-09-04 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone