緞通・段通(読み)だんつう

大辞林 第三版の解説

だんつう【緞通・段通】

〔中国語「毯子タンツ」から〕
敷物の一。地よこ糸のほかに、たて糸に結び付けたパイル糸で厚みと模様を出したもの。中近東から中国を経て室町時代に伝来、長崎・堺などで織られた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だん‐つう【緞通・段通】

〘名〙 (「緞通」「段通」は中国語「毯子(タンツ)」の当て字) 地の糸に綿、麻または羊毛などをつかった敷物用の厚い織物。経(たていと)に種々の色糸を結び、これに緯(よこいと)を打ち込んで模様をつけたもの。古くはペルシアを中心とする中近東でつくられ、シルクロードを経て中国に伝わった。日本へは室町時代、毛氈(もうせん)とともに中国から輸入され、また江戸時代、天保期(一八三〇‐四四)には泉州(大阪府)堺付近や播州(兵庫県)赤穂、佐賀などでも生産した。緞通織り。《季・冬》
※人情本・毬唄三人娘(1862‐65)二「毛氈又は壇通(ダンツウ)を敷きて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android