コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

締まる・閉まる・締る・閉る しまる

1件 の用語解説(締まる・閉まる・締る・閉るの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しまる【締まる・閉まる・締る・閉る】

( 動五[四] )
ゆるみなく、かたくしめられる。 《締》 「ねじがよく-・っている」 「帯ガ-・ル/日葡」
顔つきや体つきなどがたるんだところがなくきりっとした状態になる。 《締》 「スポーツで鍛えた-・った体」
気持ちがしっかりする。緊張する。 《締》 「大役をおおせつかり身が-・る思いだ」 「最終回だ。-・っていこうぜ」
雰囲気にたるんだところがない。 「 - ・った試合」
倹約する。節約する。 「倹約家しまりやの母がいかに-・つてみても/足跡 啄木
(戸などが)しめられる。とざされる。とじられる。 ↔ ひらくあく 「ドアが-・る」
終業する。 ↔ あく 「銀行は三時で-・る」
(取引で)相場が堅実になる。 《締》 ↔ だれる
成立する。整う。 「大方談合-・りて/浮世草子・武道伝来記 8」 〔「しめる」に対する自動詞〕 → しまらない

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone