コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

締め・〆 しめ

大辞林 第三版の解説

しめ【締め・〆】

[2] ( 名 )
しめること。 「 -が弱い」
合計。総計。 「今月の-を出す」
手紙の封じ目などに書く「〆」のしるし。
(会などの)終わり。最後。 「 -に一言ごあいさつを」
( 接尾 )
〔「〆」とも書く〕 助数詞。
半紙・ちり紙など、紙一〇束、すなわち一〇〇帖、二〇〇〇枚を単位として数えるのに用いる。
木綿・材木など、たばねたものを数えるのに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

締め・〆の関連キーワードコンクリートバイブレーター義理と褌欠かされぬシザースホールド合わせ梁・合せ梁リベットハンマーウエストニッパー腹合わせ・腹合せビンディング大陸式決算法真空巻締め機万能巻締め機溝涜に縊る眼鏡レンチベルテッドノンノット御手を拝借寒締め栽培トーピースランマー蒸籠饂飩

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android