編首・篇首(読み)へんしゅ

精選版 日本国語大辞典の解説

へん‐しゅ【編首・篇首】

〘名〙
① 一編の詩歌・文章の初め。編章の初め。書物の初め。
※懐風藻(751)序「具題姓名。并顕爵里。冠于篇首」 〔孔安国‐古文尚書・序〕
② 奈良時代、奴婢の家族の戸籍筆頭人。奴婢籍帳で家族の筆頭に記される奴あるいは婢。
※東南院文書‐宝亀三年(772)一二月三〇日・東大寺奴婢籍帳「編首奴大井、〈年九。左手小指疵〉、正奴」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android