練薬・煉薬(読み)れんやく

精選版 日本国語大辞典の解説

ねり‐ぐすり【練薬・煉薬】

〘名〙
① 薬剤を蜂蜜、水飴などでねり合わせて作った薬。ねりやく。〔運歩色葉(1548)〕
② 練って作った外用薬
※随筆・耳嚢(1784‐1814)五「付薬は練薬にて竜脳等を加へ香気至て強き薬にて」
※土(1910)〈長塚節〉二七「白い練薬(ネリグスリ)

ねり‐やく【練薬・煉薬】

※俳諧・毛吹草(1638)三「丁子 練薬(ネリヤク)油火」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android