練酒・煉酒(読み)ねりざけ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 白酒の一種で、濃く粘り気のある酒。蒸した糯米(もちごめ)を酒とかきまぜ、石臼でひいて漉(こ)したもの。その色が練絹のようだというのでこの名がつけられ、博多の練酒は特に有名であった。練貫酒(ねりぬきざけ)。練貫。ねり。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※俳諧・鷹筑波(1638)一「鏡にしむかふしらがにをどろきて 樽のねり酒にほひめづらし〈宗朋〉」
② 玉子酒のこと。〔料理物語(1643)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android