コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縄文時代草創期

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

縄文時代草創期

日本列島で人類の生活が始まったとみられる後期旧石器時代に続く時代。約1万5千年前から約1万1千年前とされる。最終氷期が終わり気候は暖かくなり、人々は狩猟漁労木の実採集などで生活の糧を得ていた。矢柄研磨器など新しい石器や土器が数多く出現したのが特徴。旧石器時代の人々は移動生活を繰り返していたが、縄文草創期に竪穴建物が造られ始めたとみられることから、この時代に定住化が進んだとする研究者もいる。

(2010-05-30 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

縄文時代草創期の関連キーワード北海道青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田大平山元鹿児島県南さつま市加世田村原星糞峠黒曜石原産地遺跡長崎県対馬市上県町越高スクレーパー(石器)東京都あきる野市野辺富山県小矢部市桜町県南県立自然公園不動ガ岩屋洞窟大谷寺岩陰遺跡上黒岩岩陰遺跡西鹿田中島遺跡鹿児島(県)隆起線文土器小瀬ヶ沢洞穴小瀬ヶ沢洞窟座散乱木遺跡岐阜(県)大鹿窪遺跡

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縄文時代草創期の関連情報