コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縄状熔岩 なわじょうようがんpahoehoe, ropy lava

岩石学辞典の解説

縄状熔岩

pahoehoe(パホエホエ)は粘性が低く流れやすい縄状の熔岩のハワイでの地方的な名称である.流動に伴ってすでに固化した熔岩の表面は内部の流動によって皺がより,縄をよったようになることがある.小丘の多い流れで,滑らかな大きくうねった縄状の表面をもっている.表面が細かい破片になることはなく,塊状熔岩に特徴的なぎざぎざしたスコリア状の塊は見られない[Haskell : 1859, Dutton : 1884].
あまりガスを放出しないで可塑性のある物体として流動し,皺曲や縄状の捩れに富んだ表面をもつ熔岩で,ピッチの流れに似ている.同じ意味の語にはハワイ地方のパホエホエ(pahoehoe),アイスランド地方のヘルラウン(helluhraun),ジャガーが提唱するデルモリス(dermolith)などがある.fladen lava(うねった縄状の表面をもった熔岩)[Heim : 1873].corded lava[Coleman : 1949],デルモリス(dermolith)[Iaggar : 1917].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

縄状熔岩の関連キーワードゲクロース熔岩ザイルラヴァ熔岩流

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android