コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縄状熔岩 なわじょうようがん pahoehoe, ropy lava

1件 の用語解説(縄状熔岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

縄状熔岩

pahoehoe(パホエホエ)は粘性が低く流れやすい縄状の熔岩のハワイでの地方的な名称である.流動に伴ってすでに固化した熔岩の表面は内部の流動によって皺がより,縄をよったようになることがある.小丘の多い流れで,滑らかな大きくうねった縄状の表面をもっている.表面が細かい破片になることはなく,塊状熔岩に特徴的なぎざぎざしたスコリア状の塊は見られない[Haskell : 1859, Dutton : 1884].
あまりガスを放出しないで可塑性のある物体として流動し,皺曲や縄状の捩れに富んだ表面をもつ熔岩で,ピッチの流れに似ている.同じ意味の語にはハワイ地方のパホエホエ(pahoehoe),アイスランド地方のヘルラウンhelluhraun),ジャガーが提唱するデルモリス(dermolith)などがある.fladen lava(うねった縄状の表面をもった熔岩)[Heim : 1873].corded lava[Coleman : 1949],デルモリス(dermolith)[Iaggar : 1917].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縄状熔岩の関連キーワード思ほえず厚板状パホエホエ熔岩厚板状熔岩殻状パホエホエ熔岩ゲクロース熔岩鮫皮パホエホエ熔岩繊維状パホエホエ超パホエホエ熔岩パホエホエ熔岩指

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone