コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縞・島 しま

大辞林 第三版の解説

しま【縞・島】

筋によって構成された模様の総称。特に、二色以上の色糸を経たてあるいは緯よこ、また経緯たてよこに配してさまざまな筋を表した織物。近世後期、南方諸島から渡来した布の意である島渡り物に、筋文様が多かったことからの呼称。大名縞・子持ち縞・滝縞・矢鱈縞やたらじま・棒縞・万筋・横縞・蹣跚縞よろけじまなど。 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

縞・島の関連キーワード子持ち縞

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android