コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縞鰺・縞鯵 しまあじ

大辞林 第三版の解説

しまあじ【縞鰺・縞鯵】

スズキ目の海魚。全長1メートルに達する。アジ類の一種。体は長卵形で体高が高く、著しく側扁している。体側の中央部に黄色の縦帯が走り、ぜんごは体の後半部にある。背面は青緑色、腹面は青みを帯びた銀白色。夏は特に美味。磯釣りの対象魚。本州中部以南の太平洋とインド洋に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

縞鰺・縞鯵の関連キーワードインド洋太平洋ぜんご磯釣り銀白色分布背面青み体高海魚体側腹面

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android