織田南豊(読み)おだ なんぽう

美術人名辞典の解説

織田南豊

江戸後期の画家。京都生。名は煥、字は子章、通称を良平。岡本豊彦の門に学ぶが、のち南画に遷る。天保頃の人。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android