織田南豊(読み)おだ なんぽう

美術人名辞典の解説

織田南豊

江戸後期の画家。京都生。名は煥、字は子章、通称を良平。岡本豊彦の門に学ぶが、のち南画に遷る。天保頃の人。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android