コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田杏斎 おだ きょうさい

1件 の用語解説(織田杏斎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

織田杏斎

日本画家。名古屋生。日本画家織田共樵の子、日本画家織田杏逸は息子。名は啓、字は子道、通称は鎌吉、別号に緑天館。画法を父に学び、のち張晋斎の教えをうけて研鑽し、明・清の遺跡を訪ね、各流派を折衷して遂に南北合法の一家をなした。さらに七宝焼の絵模様の改良に協力し、美術工芸の進歩に貢献した。大正元年(1912)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

織田杏斎の関連キーワード森村宜永織田旦斎杉原鼓澤鈴木松僊中野其玉長谷川玉粹前川孝嶺川端玉雪鬼頭如石小寺稲泉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone