コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田杏斎 おだ きょうさい

美術人名辞典の解説

織田杏斎

日本画家。名古屋生。日本画家織田共樵の子、日本画家織田杏逸は息子。名は啓、字は子道、通称は鎌吉、別号に緑天館。画法を父に学び、のち張晋斎の教えをうけて研鑽し、明・清の遺跡を訪ね、各流派を折衷して遂に南北合法の一家をなした。さらに七宝焼の絵模様の改良に協力し、美術工芸の進歩に貢献した。大正元年(1912)歿、67才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

織田杏斎の関連キーワード松田杏亭織田旦斎

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android