コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田道八 おだ どうはち

1件 の用語解説(織田道八の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

織田道八

江戸前期の茶人。織田有楽の次男。名は頼長・秀信、主計頭・左門と称する。祝髪して雲生寺入道道八・山華老人・一谷山人と号する。和歌・書画を能くした。晩年は東山に長寿庵左阿弥を営んだ。元和6年(1620)歿、39才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

織田道八の関連キーワード織田有楽織田貞置橘屋道退金森重直織田有楽斎有楽流織田信益織田頼長高島玄旦谷川延林

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone