コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繰り越し欠損金

1件 の用語解説(繰り越し欠損金の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

繰り越し欠損金

赤字(欠損金)が出たら、翌期以降の黒字(課税所得)と相殺できる税務上のルールがある。例えば500万円の赤字が出た翌期に300万円の黒字になれば、前期の赤字と相殺して納税せずに済む。さらに200万円分の赤字を持ち越せるため、次の期に300万円の黒字が出ても差し引き100万円に課税されるだけになる。04年度に金融機関不良債権処理を支援する優遇税制として、全産業を対象に繰り越せる期間を5年から7年に延長した。

(2006-10-15 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

繰り越し欠損金の関連キーワード欠損金後発事象黒字赤字足が出る欠損損金袋貿易収支(Trade Balance)基礎的財政収支の黒字化

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

繰り越し欠損金の関連情報