コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繰り越し欠損金

1件 の用語解説(繰り越し欠損金の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

繰り越し欠損金

赤字(欠損金)が出たら、翌期以降の黒字(課税所得)と相殺できる税務上のルールがある。例えば500万円の赤字が出た翌期に300万円の黒字になれば、前期の赤字と相殺して納税せずに済む。さらに200万円分の赤字を持ち越せるため、次の期に300万円の黒字が出ても差し引き100万円に課税されるだけになる。04年度に金融機関不良債権処理を支援する優遇税制として、全産業を対象に繰り越せる期間を5年から7年に延長した。

(2006-10-15 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

繰り越し欠損金の関連情報