コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

纏り絎・纒り絎 まつりぐけ

大辞林 第三版の解説

まつりぐけ【纏り絎・纒り絎】

布端の始末のしかたの一。三つ折りにした折り山から裏側に針を出し、表地の織り糸を一本程度すくって表地と裏地の間を通して再び折り山から針を出すことを繰り返してとめつける。まつり縫い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

纏り絎・纒り絎の関連キーワード表地

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android