コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

纏・纒 てん

大辞林 第三版の解説

てん【纏・纒】

〘仏〙 人の心にまといついて、善に向かうのを妨げるもの。煩悩ぼんのう

まとい【纏・纒】

まとうこと。まとうもの。
馬印うまじるしの一。竿さおの先に作り物をつけ、その下に馬簾ばれんを垂らしたもの。
江戸時代以降、火消しが各組のしるしとして用いたに似たもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

纏・纒の関連キーワードしるし作り物火消し