コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

缶・鑵・罐 カン

大辞林 第三版の解説

カン【缶・鑵・罐】

オランダ kan; can 漢字は当て字。「罐・鑵」の歴史的仮名遣いは「くわん」〕
[1] ( 名 )
金属製の容器。特にブリキ製のもの。 「お茶の-」 「ドラム-」
「缶詰め」の略。 「鮭さけ-」
( 接尾 )
助数詞。缶にはいった物を数えるのに用いる。 「灯油二-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

缶・鑵・罐の関連キーワードKAN金城尚美生田萬(2)高樹澪輝瑠菅由彩子アポストロフィー早見優

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android