コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

置き唄 おきうた

1件 の用語解説(置き唄の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

おきうた【置き唄】

歌舞伎の下座唄や歌舞伎舞踊の伴奏の長唄で、場面展開や人物の登場の前にうたわれる序奏的部分。おき。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

置き唄の関連キーワード受難曲出端変化物入端踊り手ダンサー六拍子置浄瑠璃前歌創作ダンス

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone