コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罰金/科料 バッキン/カリョウ

1件 の用語解説(罰金/科料の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

罰金/科料

財産刑。現在、罰金は一万円以上だが、減軽する場合はそれ未満にすることができる。科料は一〇〇〇円以上一万円未満。罰金を完納することができない者は一日以上二年以下の期間、科料を完納することができない者は一日以上三〇日以下の期間、労役場に留置される。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

罰金/科料の関連キーワード科料財産刑罰金過失傷害罪過失致死罪飲酒運転の厳罰化自転車の交通違反の罰則の例07年9月施行の改正道交法マンシュウ科料と過料

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone