罷づ・罷出づ(読み)まかず

大辞林 第三版の解説

まかず【罷づ・罷出づ】

( 動下二 )
〔「まかりいづ」の転。「まかんず」とも〕
「出る」「去る」の謙譲語。
貴人のもとから退出する。 「参る人々も皆、立ちながら-・づれば/源氏 夕顔
お暇をいただいて、去る。 「暇許させ給はぬを、強ひて申してあからさまに-・でぬ/宇津保 忠こそ
「出る」「行く」の丁寧語。出かける。 「かく京にも-・でねば、頼もし所に籠りて物し侍るなり/源氏 若紫
「下げる」の謙譲語。お下げする。 「つとめてこの箱を-・でさせ給へるにぞ/源氏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android