コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罷づ・罷出づ まかず

大辞林 第三版の解説

まかず【罷づ・罷出づ】

( 動下二 )
〔「まかりいづ」の転。「まかんず」とも〕
「出る」「去る」の謙譲語。
貴人のもとから退出する。 「参る人々も皆、立ちながら-・づれば/源氏 夕顔
お暇をいただいて、去る。 「暇許させ給はぬを、強ひて申してあからさまに-・でぬ/宇津保 忠こそ
「出る」「行く」の丁寧語。出かける。 「かく京にも-・でねば、頼もし所に籠りて物し侍るなり/源氏 若紫
「下げる」の謙譲語。お下げする。 「つとめてこの箱を-・でさせ給へるにぞ/源氏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

罷づ・罷出づの関連キーワード謙譲語源氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android