羅・螺・裸・邏(読み)ら

大辞林 第三版の解説

ら【羅・螺・裸・邏】

【裸】 [音]
はだか。衣服などをつけないこと。 「裸眼・裸形らぎよう・裸身・裸体・裸婦・全裸・赤裸裸・裸子植物」
【 螺 】 [音]
渦巻状の貝殻をもつ貝。巻き貝。また、巻き貝のような形のもの。 「螺子・螺旋・螺鈿らでん
【羅】 [音]
あみ。あみでとる。 「羅致・羅網・網羅」
つらねる。つらなる。 「羅布・羅列・棋羅・森羅」
うすもの。 「羅衣・羅袖らしゆう・羅布・羅文らもん・綺羅きら・綾羅りようら
めぐる。 「羅針盤」
梵語や外国語の音訳字。 「羅漢・羅紗ラシヤ・羅刹らせつ・羅甸ラテン・羅馬ローマ・阿羅漢あらかん・曼荼羅まんだら
【 邏 】 [音]
めぐる。みまわる。また、みまわり。 「邏卒・警邏・巡邏」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android