羅臼昆布

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

知床半島の南東側の羅臼町沿岸で採れるオニコンブ。最高級のだし昆布として知られる。漁期は7月下旬~8月末。採取後、干すだけでなく、20を超える工程を経て商品になる。知床半島先端付近は、レジャー目的の動力船での上陸は禁じられているが、赤岩では、自然と共生してを営んできた歴史と文化を学ぶエコツアーが夏にある。

(2017-09-30 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羅臼昆布の関連情報