コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羊角 ようかく

大辞林 第三版の解説

ようかく【羊角】

( 名 ) スル
〔羊の角のように風が曲がって吹くことから〕
旋風。また、つむじ風になること。 「一望平布の雲は争ひ立ち-して岳に上る/不二の高根 麗水

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

羊角の関連キーワード時のアセスメントシャーマン号事件レイヨウカククバン文化河浦[町]ピョンヤン城壁破壊機天草下島森田思軒つむじ風風蝶草天草市麗水胡笳崎津河浦平壌

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羊角の関連情報