コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美保ノ北浦 みほのきたうら

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕美保ノ北浦(みほのきたうら)


島根県北東部、島根半島北東岸のリアス式海岸。小湾と岬が入り組んだ複雑な海岸線をなし、出雲赤壁(いずもせきへき)に代表される奇岩や絶壁、小島が連続する。国の名勝。大山隠岐(だいせんおき)国立公園に属し、美保関(みほのせき)とともに観光地化。北浦海水浴場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美保ノ北浦
みほノきたうら

七類海岸」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美保ノ北浦
みほのきたうら

島根県東部、島根半島北東端の日本海に臨む海岸。国指定名勝。リアス式海岸で急傾斜の断崖(だんがい)絶壁をなし、雲津(くもづ)の出雲(いずも)赤壁など多くの洞穴や奇岩が続く。凝灰岩を主とした第三紀層と、それを貫く安山岩が日本海の荒波に削られ、多彩な景観を展開する。大山隠岐(だいせんおき)国立公園の一部。[野本晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

美保ノ北浦の関連キーワード松江(市)国立公園美保関奇岩小島絶壁