コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美保関〈町〉 みほのせき〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕美保関〈町〉(みほのせき〈ちょう〉)


島根県北東部、島根半島東端に存在した町。
日本海に臨む古くからの港町で、海の関所がおかれた。関の五本松、・美保神社が有名。八束(やつか)郡。2005年(平成17)3月、合併のため廃止。⇒松江市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

美保関〈町〉の関連キーワードサルガ鼻洞窟住居跡権現山洞窟住居跡島根県松江市青柴垣神事崎ヶ鼻遺跡渋谷 兼八美保関隕石事代主神諸手船美保関八雲中海玉湯宍道鹿島

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android