美利河I遺跡(読み)ぴりかいちいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美利河I遺跡
ぴりかいちいせき

北海道渡島 (おしま) 半島,瀬棚郡今金町にある旧石器時代の遺跡。北海道埋蔵文化財センターにより,1983,84,91年に発掘調査された。細石刃尖頭器,各種の細石刃核,刻器,削器,ドゥナイト製の玉などがある。石器群は5期に分けられ,自然科学的な分析により,玉は大陸産の可能性があること,黒耀石は白滝,置戸,十勝三股,赤井川の道内を代表する黒耀石産地からのものであることが明らかにされている。当時黒耀石の交易は広く行われており,日本列島産のものは樺太,アジア大陸にも渡っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android