コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美山[村] みやま

世界大百科事典 第2版の解説

みやま【美山[村]】

和歌山県中央部,日高郡の村。人口2262(1995)。紀伊山地にあって,周囲には標高800~1000m級の山が連なり,日高川に,山間を縫って初湯(うぶゆ)川,愛(あたい)川などが流入する。村域のほとんどが森林に覆われ,林業を基幹産業とし,杉,ヒノキなどの建材を産出,シイタケ栽培も行われる。昭和30年代から過疎化が進んでいる。村域南西部の清冷(せいれい)山(878m)北麓に,日高川の水をせき止める県営の多目的ダム椿山(つばやま)ダム(1988完成)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

美山[村]の関連キーワード人身売買罪ラジウム曹丕ラジウム文帝曹丕アルダシール1世ササン朝セレウコス2世文帝[魏]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android