コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美杉[村] みすぎ

世界大百科事典 第2版の解説

みすぎ【美杉[村]】

三重県中央西部,一志郡の村。人口8015(1995)。西は奈良県に接し,村域の9割近くが山林で,県境には俱留尊(くろそ)山,三峰(みうね)山など標高1000m以上の山がそびえる。伊勢湾に注ぐ雲出(くもず)川が中央を北流,北部で八手俣(はてまた)川が合流する。また西部を名張川が北流する。山間にありながら伊勢と大和を結ぶ要路にあたり,南北朝期には伊勢国司北畠氏の居城霧山城(多気(たけ)城)が築かれた。上多気・下多気一帯には城下が形成されていたと考えられ,北畠氏の居館は多気御所と呼ばれ,戦国時代末期に織田信長の侵攻により大河内(おかわち)城(現,松阪市)に移るまで,北畠氏の本拠であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

美杉[村]の関連キーワード腐女子UCC上島珈琲通典末法灯明記塩化ナトリウム悪路王家原氏主百済貞香勝猷真雅

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android