コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美濃部 亮吉 ミノベ リョウキチ

20世紀日本人名事典の解説

美濃部 亮吉
ミノベ リョウキチ

昭和期の経済学者,政治家 参議院議員;元・東京都知事。



生年
明治37(1904)年2月5日

没年
昭和59(1984)年12月24日

出生地
東京都文京区

学歴〔年〕
東京帝国大学経済学部〔昭和2年〕卒

学位〔年〕
経済学博士〔昭和28年〕

経歴
大学を出てドイツに留学後、マルクス経済学者として昭和4年東大農学部講師、10年法政大学教授となり、13年人民戦線事件大内兵衛らと投獄された。終戦で無罪となり、戦後、20年毎日新聞論説委員、21年内閣統計委事務局長、24年東京教育大学教授などを経て、42年東京都知事に初当選。以来3期12年にわたり、対話とスマイルで“革新都政”を推進、都営ギャンブルの廃止、福祉重点策の実施、公害問題との取り組みなどで独自の政策を貫いたが、高額退職金などから財政危機を招いて3期で引退。その後、55年の参院選全国区に無所属で当選後は、無党派参議院の会の代表を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

美濃部 亮吉
ミノベ リョウキチ*


肩書
参議院議員,元・東京都知事

生年月日
明治37年2月5日

出生地
東京都文京区

学歴
東京帝国大学経済学部〔昭和2年〕卒

学位
経済学博士〔昭和28年〕

経歴
大学を出てドイツに留学後、マルクス経済学者として昭和4年東大農学部講師、10年法政大学教授となり、13年人民戦線事件で大内兵衛らと投獄された。終戦で無罪となり、戦後、20年毎日新聞論説委員、21年内閣統計委事務局長、24年東京教育大学教授などを経て、42年東京都知事に初当選。以来3期12年にわたり、対話とスマイルで“革新都政”を推進、都営ギャンブルの廃止、福祉重点策の実施、公害問題との取り組みなどで独自の政策を貫いたが、高額退職金などから財政危機を招いて3期で引退。その後、55年の参院選で全国区に無所属で当選後は、無党派の参議院の会の代表を務めた。

没年月日
昭和59年12月24日

家族
父=美濃部 達吉(憲法学者) 息子=小坂 玄山(サクラ・ファーム主宰)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

美濃部 亮吉 (みのべ りょうきち)

生年月日:1904年2月5日
昭和時代の経済学者;政治家。参議院議員;東京都知事
1984年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

美濃部 亮吉の関連キーワードコンツェルン革新自治体大内 兵衛美濃部達吉伊藤 三郎黒田 了一美濃部亮吉有沢広巳小森 武生年月日童門冬二鈴木俊一縫田曄子安江良介柴田徳衛白木博次田尻宗昭美濃部小森武選挙

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美濃部 亮吉の関連情報