コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美濃部 亮吉 ミノベ リョウキチ

20世紀日本人名事典の解説

美濃部 亮吉
ミノベ リョウキチ

昭和期の経済学者,政治家 参議院議員;元・東京都知事。



生年
明治37(1904)年2月5日

没年
昭和59(1984)年12月24日

出生地
東京都文京区

学歴〔年〕
東京帝国大学経済学部〔昭和2年〕卒

学位〔年〕
経済学博士〔昭和28年〕

経歴
大学を出てドイツに留学後、マルクス経済学者として昭和4年東大農学部講師、10年法政大学教授となり、13年人民戦線事件大内兵衛らと投獄された。終戦で無罪となり、戦後、20年毎日新聞論説委員、21年内閣統計委事務局長、24年東京教育大学教授などを経て、42年東京都知事に初当選。以来3期12年にわたり、対話とスマイルで“革新都政”を推進、都営ギャンブルの廃止、福祉重点策の実施、公害問題との取り組みなどで独自の政策を貫いたが、高額退職金などから財政危機を招いて3期で引退。その後、55年の参院選で全国区に無所属で当選後は、無党派参議院の会の代表を務めた。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

美濃部 亮吉
ミノベ リョウキチ*


肩書
参議院議員,元・東京都知事

生年月日
明治37年2月5日

出生地
東京都文京区

学歴
東京帝国大学経済学部〔昭和2年〕卒

学位
経済学博士〔昭和28年〕

経歴
大学を出てドイツに留学後、マルクス経済学者として昭和4年東大農学部講師、10年法政大学教授となり、13年人民戦線事件で大内兵衛らと投獄された。終戦で無罪となり、戦後、20年毎日新聞論説委員、21年内閣統計委事務局長、24年東京教育大学教授などを経て、42年東京都知事に初当選。以来3期12年にわたり、対話とスマイルで“革新都政”を推進、都営ギャンブルの廃止、福祉重点策の実施、公害問題との取り組みなどで独自の政策を貫いたが、高額退職金などから財政危機を招いて3期で引退。その後、55年の参院選で全国区に無所属で当選後は、無党派の参議院の会の代表を務めた。

没年月日
昭和59年12月24日

家族
父=美濃部 達吉(憲法学者) 息子=小坂 玄山(サクラファーム主宰)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

美濃部 亮吉の関連情報