美空 ひばり(読み)ミソラ ヒバリ

20世紀日本人名事典の解説

美空 ひばり
ミソラ ヒバリ

昭和期の歌手



生年
昭和12(1937)年5月29日

没年
平成1(1989)年6月24日

出生地
神奈川県横浜市磯子区滝頭町岩瀬

本名
加藤 和枝

学歴〔年〕
精華学園高〔昭和31年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本レコード大賞歌唱賞(第2回)〔昭和35年〕「哀愁波止場」,ブルーリボン賞大衆賞(第12回・昭36年度),日本レコード大賞(第7回)〔昭和40年〕「柔」,日本歌謡大賞放送音楽特別賞(第2回)〔昭和46年〕,日本レコード大賞制定15周年記念賞(第15回)〔昭和48年〕,日本レコード大賞特別賞(第18回)〔昭和51年〕,森田たまパイオニア賞(第6回)〔昭和52年〕,日本作曲大賞音楽文化賞(第6回)〔昭和61年〕,国民栄誉賞〔平成1年〕,日本歌謡大賞特別栄誉賞(第20回)〔平成1年〕,日本作詩大賞特別賞(第22回)〔平成1年〕,日本レコード大賞金賞(第31回)〔平成1年〕「川の流れのように」,日本アカデミー賞会長特別賞(第13回)〔平成2年〕,ゴールデン・アロー賞特別功労賞(第27回)〔平成2年〕,日本レコード大賞特別功労賞(第43回)〔平成13年〕

経歴
生家は魚屋「魚増」。幼いころから歌唱に対する才能のひらめきをみせ、昭和23年横浜国際劇場で「リンゴの歌」「港シャンソン」を歌い天才少女歌手と評される。24年映画「悲しき口笛」に出演、同名の主題歌がヒット、コロムビアレコード専属となる。以来「越後獅子の唄」「リンゴ追分」など大ヒットがつづき、また映画、舞台にも数多く出演して人気を確固たるものにした。35年「哀愁波止場」で第2回レコード大賞歌唱賞、40年「柔」で第7回レコード大賞を受賞。42年代表曲「悲しい酒」発表。吹き込んだシングル盤レコード約300枚、歌った曲500曲以上あり、戦後芸能史を美空ひばり抜きでは語れないと言われる歌謡界の女王。62年4月左右大腿骨頭壊死と慢性肝臓病のため、福岡市の済生会福岡総合病院に緊急入院、再起不能とまでいわれたが、奇跡的に回復し、63年4月東京ドームで再起コンサートを開いた。しかし翌平成元年2月に再び入院、6月死去。死後国民栄誉賞が贈られた。2年映画殿堂入り。6年京都嵐山に遺品など1000点を展示したメモリアルホール美空ひばり館が開設。9年昭和を代表する三大スーパースターの一人として郵便記念切手となる。11年2月唯一の劇中歌、舞台「元禄港歌」の「流れ人」がシングルリリースされる。同年「川の流れのように」が高校音楽の教科書に採用された。14年65回目の誕生日となる5月29日に昭和46年録音の「鏡」がシングルリリースされる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

美空 ひばり
ミソラ ヒバリ


職業
歌手

本名
加藤 和枝

生年月日
昭和12年 5月29日

出生地
神奈川県 横浜市磯子区滝頭町岩瀬

学歴
精華学園高〔昭和31年〕卒

経歴
生家は横浜の魚屋・魚増。天性の才能と父母の“芸能好き”によって、9歳から近くの劇場に出演。昭和23年横浜国際劇場、24年日劇と大劇場への出演を果たし、天才少女歌手と評される。同年映画「悲しき口笛」に主演、同名の主題歌が大ヒットしてコロムビアレコード専属となる。以来「東京キッド」「越後獅子の唄」「リンゴ追分」など大ヒットがつづき、29年松竹「伊豆の踊子」に主演、大好評を得る。同年NHK「紅白歌合戦」に初出場。その後も「波止場だよお父つぁん」「港町十三番地」「花笠道中」などヒット曲を出し、“歌に映画に”といった二本立形式で絶大な人気を築いた。35年「哀愁波止場」で第2回レコード大賞歌唱賞、40年「柔」で第7回レコード大賞を受賞。39年新宿コマ劇場初出演。41年代表曲「悲しい酒」、42年「真赤な太陽」を発表。一方で32年にはファンから塩酸をかけられる事件があり、40年代には興行界の古い体質との結びつきが批判されて全国の公共施設からショーの開催を締め出され、48年のNHK紅白の落選にもつながった。62年4月左右大腿骨頭壊死と慢性肝臓病のため、福岡市の済生会福岡総合病院に緊急入院、再起不能とまでいわれたが、奇跡的に回復し、63年4月東京ドームで“不死鳥コンサート”を成功させ、奇跡のカムバックと話題になった。同年名曲「川の流れのように」を発表。しかし翌平成元年2月に再び入院、6月死去した。40年間にわたり、歌謡曲、映画、舞台と芸能界の第一線で活動を続け、戦後日本の大衆文化を代表する一人だった。吹き込んだレコードは1033曲、映画出演は157作品を数えた。死後国民栄誉賞が贈られた。2年映画殿堂入り。6年京都嵐山に遺品など1000点を展示したメモリアルホール美空ひばり館が開館した(18年閉館)。著書に「虹の唄」「ひばり自伝」「川の流れのように」がある。

受賞
国民栄誉賞〔平成1年〕 日本レコード大賞歌唱賞(第2回)〔昭和35年〕「哀愁波止場」,ブルーリボン賞大衆賞(第12回 昭和36年度),日本レコード大賞(第7回)〔昭和40年〕「柔」,日本歌謡大賞放送音楽特別賞(第2回)〔昭和46年〕,日本レコード大賞制定15周年記念賞(第15回)〔昭和48年〕,日本レコード大賞特別賞(第18回)〔昭和51年〕,森田たまパイオニア賞(第6回)〔昭和52年〕,日本作曲大賞音楽文化賞(第6回)〔昭和61年〕,日本歌謡大賞特別栄誉賞(第20回)〔平成1年〕,日本作詩大賞特別賞(第22回)〔平成1年〕,日本レコード大賞金賞(第31回)〔平成1年〕「川の流れのように」,日本アカデミー賞会長特別賞(第13回)〔平成2年〕,ゴールデン・アロー賞特別功労賞(第27回)〔平成2年〕,日本レコード大賞特別功労賞(第43回)〔平成13年〕

没年月日
平成1年 6月24日 (1989年)

家族
長男=加藤 和也(ひばりプロ社長),弟=加藤 哲也(ひばりプロダクション社長),香山 武彦(俳優)

伝記
昭和歌謡映画館―ひばり、裕次郎とその時代美空ひばりという生き方美空ひばり 神がくれた三曲美空ひばりふたたび美空ひばり 平和をうたう―名曲「一本の鉛筆」が生れた日母・美空ひばりのアルバム完本 美空ひばり美空ひばりは鶴だった美空ひばりプライベートひばり裕次郎 昭和の謎川田晴久と美空ひばり―アメリカ公演草原の人―美空ひばりからの手紙美空ひばり思い出草紙美空ひばり燃えつきるまで美空ひばりと日本人美空ひばり「涙の河」を越えて不死鳥美空ひばり美空ひばり不死鳥伝説姉・美空ひばりの遺言―隠された愛と真実美空ひばりがいた時代美空ひばり―平凡特別編集20世紀のビッグスタアスター誕生―ひばり・錦之助・裕次郎・渥美清そして新・復興期の精神愛燦燦と…―美空ひばり物語美空ひばりとニッポン人美空ひばりもうひとりの美空ひばり「美空ひばり学」入門講座―カリスマ性の魅力とは何か歌こそわが命―美空ひばり 思い出のエピソード卑弥呼だったひばり―大美空ひばり伝ひばり模様―美空ひばり外伝 神話を彩った人々愛燦燦・ひばり神話の真実―叔母として、付き人として、側近中の側近が語り尽くす秘話美空ひばり―ヒューマン・ドキュメント姉・美空ひばりと私―光と影の50年美空ひばり―時代を歌う昭和のすたるじい流行歌(はやりうた)―佐藤千夜子から美空ひばりへお嬢…ゴメン。〈パート2〉 俺のどうにか人生 美空ひばり秘話美空ひばり―“歌う女王”のすべて美空ひばり 花のいのち美空ひばりの芸術お嬢…ゴメン。―誰も知らない美空ひばり美空ひばり最期の795日川の流れのように「戦後」美空ひばりとその時代美空ひばりと日本人蒼天 美空ひばり思い出の映画 美空ひばり美空ひばり美空ひばり―時代を歌うひばり自伝―わたしと影 岡田 喜一郎 著想田 正 著新井 恵美子 著新井 恵美子 著小笠原 和彦 著加藤 和也 編竹中 労 著麻生 千晶 著加藤 和也 監修吉田 司 著橋本 治,岡村 和恵 文堀ノ内 雅一 著沢島 忠 著森 啓 著山折 哲雄 著小西 良太郎 著近代映画 編大下 英治 著佐藤 勢津子,小菅 宏 編著黒田 耕司 著加藤 和也 監修吉田 司 著池田 憲一 著新藤 謙 著森 啓 監修小沢 さとし 著竹島 嗣学 著境 弘邦 著菊田 英世 著御木 平輔 著西村 克子 著小西 良太郎 著佐藤 勢津子 著大下 英治 著塩沢 実信 著嘉山 登一郎 著文芸春秋 編黒田 耕司 著平岡 正明 著嘉山 登一郎 著鳥巣 清典 著美空 ひばり 著本田 靖春 著山折 哲雄 著福島 泰樹 著朝日新聞社 編大下 英治 著美空 ひばり 著(発行元 中央公論新社青弓社北辰堂出版北辰堂出版時潮社主婦と生活社筑摩書房産経新聞ニュースサービス,扶桑社〔発売〕辰巳出版講談社中央公論新社情報センター出版局ワイズ出版草思社現代書館光文社近代映画社廣済堂出版ベストセラーズ小学館マガジンハウス講談社エイ・クリエイト大阪本社,星雲社〔発売〕晩声社TOKYO FM出版総和社日新報道産経新聞社,扶桑社〔発売〕自由現代社七賢出版徳間書店勁文社講談社新潮社第三文明社近代映画社文芸春秋小学館ネスコ,文芸春秋〔発売〕近代映画社マガシンハウス集英社講談社PHP研究所デンバー・プランニング,アイペック〔発売〕近代映画社朝日新聞社新潮社草思社 ’09’09’09’08’06’05’05’05’05’03’03’03’02’01’01’01’01’01’00’00’00’99’98’98’97’97’97’95’95’94’93’93’92’92’91’91’90’90’90’90’90’90’89’89’89’89’89’89’89発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

美空 ひばり (みそら ひばり)

生年月日:1937年5月29日
昭和時代;平成時代の歌手
1989年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美空 ひばりの関連情報