コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美豆 みず

大辞林 第三版の解説

みず【美豆】

現在の京都市伏見区淀美豆町から久世郡久御山くみやま町にかけての一帯を指した地名。朝廷の牧場があった。⦅歌枕⦆ 「さみだれは-の御牧のまこも草かりほすひまもあらじとぞ思ふ/後拾遺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

美豆の関連キーワード取り成す・執り成す・取成す・執成す和歌山・大日山35号墳日本神話の神々八束水臣津野命城南小作争議京都製作所伏見[区]羽山戸神本居宣長大山咋神美豆牧ミズキ美豆良みずら総角髪形歌枕直衣車借

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android