コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群肝の・村肝の むらぎもの

大辞林 第三版の解説

むらぎもの【群肝の・村肝の】

( 枕詞 )
臓腑に心が宿ると考えたことから、「心」にかかる。 「 -心を痛みぬえこ鳥/万葉集 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

群肝の・村肝のの関連キーワード万葉集臓腑

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android