群馬県みどり市(読み)みどり〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕みどり〈市〉(みどり〈し〉)


群馬県東部、栃木県との県境にある市。
東と西を桐生市とその飛び地に挟まれた形となっている。2006年(平成18)3月、新田郡の笠懸町と山田郡の大間々町、勢多(せた)郡の東村が合併して成立。この合併により、新田郡、山田郡は消滅。南北に長い市の北部には足尾山地の山々が連なり、中央部を渡良瀬(わたらせ)川が流れる。JR両毛線、東武桐生線のほか、観光客にも人気の高いわたらせ渓谷鐵道が通じる。近世には足尾銅山の銅を運ぶ銅(あかがね)街道の宿場町、また絹や生糸の市場町として栄えた。南部ではトマト・ホウレンソウ・花卉(かき)栽培など近郊型の農業と酪農が行われる。北部ではシイタケ・ナメコなどを産し、干し柿・乾燥イモなどの食品加工業も盛ん。笠懸地区は岩宿遺跡(旧石器時代)の発見地として名高く、史跡公園岩宿の里を整備。大間々地区には小平(おだいら)鍾乳洞・高津戸(たかつど)峡の景勝がある。渡良瀬川上流にあるダム湖・草木湖のほとりに、星野富弘(ほしのとみひろ)の作品を展示する富弘美術館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

群馬県みどり市の関連情報