コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群馬県利根郡昭和村 しょうわ〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕昭和〈村〉(しょうわ〈むら〉)


群馬県北部、赤城(あかぎ)山北西麓の村。利根郡
標高500~700mの山腹では第二次世界大戦後に開拓が本格化し、畑地灌漑(かんがい)が整備されて高原野菜の大産地となった。酪農とコンニャク栽培も盛ん。関越自動車道のインターチェンジがある。片品(かたしな)川はアユ釣りの名所。総合運動公園ふれあいグリーンパークがある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例