群馬県前橋市(読み)まえばし〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕前橋〈市〉(まえばし〈し〉)


群馬県中南部にある市。
赤城(あかぎ)山南麓、利根川中流沿いに位置する。同県の県庁所在地で、県の行政・文化の中心。2001年4月より特例市。2004年(平成13)12月に勢多郡の大胡町、宮城村、粕川村を編入し、2009年5月に同郡富士見村を編入して現在の姿となる。これにより勢多郡消滅。同年4月より中核市。JRの上越線・両毛線、関越自動車道・北関東自動車道が通じ、市街地は利根川の両岸に広がる。古くは厩橋(まやはし)とよばれ、戦国時代には上杉氏の関東攻略の拠点。江戸時代は北関東の要衝をなす城下町として発展。利根川水運が通じ、最高品質の前橋生糸の集散地をなした。明治初期には日本初の近代的製糸工場が設置され、第二次世界大戦後まで群馬県の製糸業の中心地として繁栄。戦後は製糸業が衰退し、電機・輸送用機器・機械など内陸型近代工場が進出。畜産や米・麦・野菜や花卉(かき)の栽培が盛ん。
広瀬川沿いの敷島公園は園内にバラ園や、前橋出身の詩人萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)の記念館などがある。国指定史跡の二子(ふたご)山古墳をはじめ、市内には数多くの古墳が点在する。三夜沢町の赤城神社は全国の赤城神社の総本社として知られる。赤城温泉・忠治(ちゅうじ)温泉・粕川温泉などの温泉が湧く。赤城山山頂に大沼(おの)、小沼(この)、覚満淵(かくまんぶち)があり、山麓にはぐんまフラワーパーク、赤城高原牧場クローネンベルクなどの観光施設がある。赤城南面千本桜はサクラの名所。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

群馬県前橋市の関連情報