コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群馬県吾妻郡東吾妻町 ひがしあがつま〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕東吾妻〈町〉(ひがしあがつま〈まち〉)


群馬県中西部にある町。榛名(はるな)山北麓に位置する。吾妻郡
2006年(平成18)3月、吾妻郡の東村、吾妻町が合併して成立。吾妻川沿いにJR吾妻線と国道145号が走る。原町地区は近世には市場町として繁栄。稲作のほか、コンニャクイモ・ミョウガを産し、スイセンなどの花卉(かき)を特産。吾妻峡は国の名勝に指定。箱島地区では豊富な湧水(ゆうすい)を用い、マスの養殖が行われる。機械・電機などの工場が進出。南部の大戸地区は江戸時代に関所が設けられ、国定忠治(くにさだちゅうじ)が関所破りに失敗し、処刑された地として有名。国の重要文化財であるハート形土偶が出土した郷原(ごうばら)遺跡など、先史時代の古墳・遺跡が多い。川中温泉・浅間隠温泉郷などの温泉が湧く。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android