群馬県安中市(読み)あんなか〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕安中〈市〉(あんなか〈し〉)


群馬県南西部の市。
碓氷(うすい)川下流域に位置する。2006年(平成18)3月、旧・安中市と碓氷郡の松井田町が合併して現在の姿となる。この合併により、碓氷郡消滅。江戸時代には中山道(なかせんどう)の宿場町、板倉氏ほかの城下町として繁栄。長野県軽井沢町と結ぶ碓氷峠は交通の要所。かつては養蚕地帯として栄えたが、現在はコンニャク・キノコ類の栽培が盛ん。秋間(あきま)梅林のウメが特産品。昭和初期に亜鉛製錬工場が進出したが、昭和40年代にはカドミウム公害が問題となった。半導体・シリコンなどを生産するほか、電機・機械工場もある。碓氷川南岸に磯部(いそべ)温泉が湧く。JR信越本線の横川運転区跡地にテーマパーク碓氷峠鉄道文化むらがある。中宿地区に伝わる安中中宿の燈篭灯籠人形は国の重要無形民俗文化財、碓氷第三橋梁(めがね橋)は国の重要文化財に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

群馬県安中市の関連情報