群馬県富岡市(読み)とみおか〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕富岡〈市〉(とみおか〈し〉)


群馬県南西部の市。
利根川支流の鏑(かぶら)川流域を占める。北西部には妙義(みょうぎ)山がそびえる。2006年(平成18)3月、旧・富岡市と甘楽(かんら)郡の妙義町が合併して現在の姿となる。古くからの蚕業地で、江戸時代には絹市で栄えた。1872年(明治5)官営富岡製糸場(国指定史跡かつ重要文化財)が開設されて以来、製糸業とともに発展。電機・輸送用機器などの工場もある。コンニャク・下仁田ネギ・シイタケの栽培が盛ん。国指定名勝の妙義山の主峰、白雲(はくうん)山の中腹に妙義神社(国の重要文化財に指定)がある。上野国一宮(こうずけのくにいちのみや)の貫前(ぬきさき)神社は総門の階段下に本殿がある珍しい構造で、国の重要文化財に指定。群馬サファリパーク、県立自然史博物館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

群馬県富岡市の関連情報