コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群馬県桐生市 きりゅう〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕桐生〈市〉(きりゅう〈し〉)


群馬県中東部にある市。
2005年(平成17)6月、勢多(せた)郡の黒保根村、新里村を編入して現在の姿となる。市域は旧・桐生市の市域に相当する東部地域に対し、旧・黒保根村と旧・新里村の村域に相当するほぼ同面積の西部地域が、みどり市を挟み飛び地をなすという独特の形をしている。東部地域は栃木県に接する。西部地域は赤城(あかぎ)山の南東麓に位置し、渡良瀬(わたらせ)川が西部地域の南東部、東部地域の南部を流れる。東部地域にはJR両毛線・東武桐生線・上毛電鉄上毛線・わたらせ渓谷鐵道が通じ、西部地域には上毛線とわたらせ渓谷鐵道が通じる。
旧・桐生市は古くから知られた絹の産地で、近世初頭には桐生新町が開かれ、絹市(きぬいち)が立った。絹織物は18世紀前半に京都西陣(にしじん)から技術を導入し、本家と並ぶ高級絹織物産地に発展。現在も輸出用の富士絹、国内向けの御召(おめ)しや帯地などの絹織物が生産されているが、工業製品出荷額に占める比重は大幅に低下。代わって機械・輸送用機器・電機などの工業が発展しており、とくにパチンコ台の生産量は全国屈指。西部地域は山林が多く、スギ・ヒノキの林業のほか、キュウリなどの野菜やキノコ類・花卉(かき)・果樹の栽培、畜産などが行われる。新里地区には武井廃寺(たけいはいじ)塔跡(国指定史跡)・山上(やまかみ)の多重塔(国指定重要文化財)・中塚古墳(県指定史跡)など史跡が多い。花見ヶ原森林公園・利平茶屋(りへいぢゃや)森林公園・ぐんま昆虫の森などの自然公園が整備されている。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

群馬県桐生市の関連キーワード群馬県桐生市黒保根町下田沢群馬県桐生市黒保根町八木原群馬県桐生市黒保根町上田沢群馬県桐生市新里町大久保群馬県桐生市新里町赤城山群馬県桐生市新里町鶴ケ谷群馬県桐生市黒保根町水沼群馬県桐生市黒保根町宿廻群馬県桐生市広沢町間ノ島群馬県桐生市新里町小林群馬県桐生市新里町新川群馬県桐生市新里町高泉群馬県桐生市新里町板橋群馬県桐生市小曾根町マーケットシティ桐生群馬県立桐生高等学校群馬県桐生市新里町関群馬県桐生市新里町野群馬県桐生市東久方町群馬県桐生市浜松町

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

群馬県桐生市の関連情報