コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群馬県沼田市 ぬまた〈し〉

1件 の用語解説(群馬県沼田市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕沼田〈市〉(ぬまた〈し〉)


群馬県北部にある市。
東部で栃木県と接する。周囲には赤城(あかぎ)山、武尊山(ほたかやま)などの山々がそびえ、西部には利根川が流れ沼田盆地を形成する。2005年(平成17)2月、利根郡の白沢村、利根村を編入して現在の姿となる。JR上越線、関越自動車道が通じる。県北部の商業の中心地。旧・沼田市は戦国時代に豪族沼田氏の築城以降、城下町として発展。製材・木工家具製造と稲作・リンゴ・コンニャクイモ・キノコの栽培が盛ん。日光国立公園・尾瀬国立公園の玄関口にあたる。片品川沿岸は老神(おいがみ)温泉・吹割(ふきわれ)の滝(吹割渓(けい)ならびに吹割瀑(ばく)として国指定名勝かつ天然記念物)・薗原(そのはら)湖などがある行楽地。沼田城跡地は沼田公園として整備され、国の重要文化財である旧生方(うぶかた)家住宅などが移築されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

群馬県沼田市の関連情報