コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群馬県甘楽郡南牧村 なんもく〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕南牧〈村〉(なんもく〈むら〉)


群馬県南西部、鏑(かぶら)川支流の南牧川上流域の村。甘楽(かんら)郡
砥沢(とざわ)地区は中世から砥石の産地として知られた。農林業は零細で、コンニャク・蔬菜(そさい)・シイタケのほか、ブドウや花卉(かき)栽培が行われる。黒瀧山不動寺(黄檗(おうばく)宗)は山岳信仰霊場。なんもく村自然公園がある。毎年8月に行われる伝統行事の火とぼしが有名。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

群馬県甘楽郡南牧村の関連キーワード群馬県甘楽郡南牧村大仁田群馬県甘楽郡南牧村大日向群馬県甘楽郡南牧村大塩沢群馬県甘楽郡南牧村熊倉群馬県甘楽郡南牧村小沢群馬県甘楽郡南牧村千原群馬県甘楽郡南牧村羽沢群馬県甘楽郡南牧村六車群馬県甘楽郡南牧村星尾群馬県甘楽郡南牧村檜沢群馬県甘楽郡南牧村砥沢群馬県甘楽郡南牧村磐戸南牧村民俗資料館オアシスなんもく黒瀧山不動寺コンニャク富士浅間山シイタケブドウ黄檗

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android