群馬県藤岡市(読み)ふじおか〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕藤岡〈市〉(ふじおか〈し〉)


群馬県南西部にある市。
利根川支流の神流(かんな)川の北岸に位置する。2006年(平成18)1月、高崎市の鬼石町が編入して現在の姿となる。古くから窯業が盛んで、藤岡瓦の生産で知られる。輸送用機器・プラスチック・電機工場なども進出。トマト・コンニャク・イチゴ・リンゴなどの栽培が盛ん。庭石の三波石(さんばせき)を特産。関越自動車道新潟線から同上越線(上信越自動車道)を分岐するジャンクションがある。藤岡インターチェンジに道の駅 ふじおか、ハイウェイオアシスららん藤岡がある。三波川のサクラと三波石峡は国指定の名勝かつ天然記念物。市内にはいずれも国指定史跡の譲原(ゆずりはら)石器時代住居跡、七輿山(ななこしやま)古墳など、古墳が点在する。神流湖はヘラブナ釣りの名所。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

群馬県藤岡市の関連情報