コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群馬県館林市 たてばやし〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕館林〈市〉(たてばやし〈し〉)


群馬県南東部の市。
利根川と渡良瀬(わたらせ)川の間に位置する。東武鉄道伊勢崎線、東北自動車道などが通じる。戦国時代からの城下町。江戸時代前期にはのちに5代将軍となった徳川綱吉(つなよし)が入封、幕末には秋元氏6万石の所領となった。伝統的に織物業や醤油醸造・製粉・製麺などの食品加工業が盛ん。電機・輸送用機器・金属などの工場がある。県立つつじケ岡(おか)公園や、民話「文福茶釜(ぶんぶくちゃがま)」で有名な茂林(もりん)寺(曹洞宗)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

群馬県館林市の関連キーワード群馬県館林市上赤生田町群馬県館林市上早川田町群馬県館林市赤生田本町群馬県館林市下早川田町群馬県館林市上三林町群馬県館林市加法師町群馬県館林市大新田町群馬県館林市四ツ谷町群馬県館林市南美園町群馬県館林市千代田町群馬県館林市つつじ町群馬県館林市瀬戸谷町群馬県館林市下三林町群馬県館林市入ケ谷町群馬県館林市小桑原町群馬県館林市傍示塚町群馬県館林市富士原町群馬県館林市赤生田町群馬県館林市松沼町群馬県館林市台宿町

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

群馬県館林市の関連情報