コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義観(3) ぎかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義観(3) ぎかん

1823-1869 幕末の僧。
文政6年10月3日生まれ。江戸上野の天台宗東叡山真如院住職,輪王寺宮執当。慶応4年能久(よしひさ)親王とともに新政府軍に徳川家の救済を嘆願するが失敗。以後主戦論に転ずる。上野戦争に敗れ,会津(あいづ),仙台へとのがれるが捕らえられ,明治2年2月26日東京の獄中で病死した。47歳。武蔵(むさし)新座郡(埼玉県)出身。俗姓は金子。号は覚王院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

義観(3)の関連キーワード幕末

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android