コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽田圭介 はだ けいすけ

4件 の用語解説(羽田圭介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

羽田圭介 はだ-けいすけ

1985- 平成時代の小説家。
昭和60年10月19日生まれ。平成15年明大付属明治高時代にかいた「黒冷水」で文芸賞。大学卒業後も会社につとめながら小説を書きつづけ,23年苛酷な就職活動をえがいた『「ワタクシハ」』が評判となる。27年要介護老人と無職青年をとおして超高齢化社会の現実をえがいた「スクラップ・アンド・ビルド」が芥川賞を受賞。東京都出身。明大卒。作品はほかに「走ル」「ミート・ザ・ビート」「御不浄バトル」「隠し事」「メタモルフォシス」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵2015の解説

羽田圭介

日本の作家。1985年、東京都生まれ。高齢化社会や介護、兄弟間の確執、刹那(せつな)的な若者、就職活動といった身近な人物や出来事を、写実的に表現した作品が人気を集めている。2015年7月、無職の孫と要介護の祖父との関係を描いた『スクラップ・アンド・ビルド』(文藝春秋)で第153回芥川賞を受賞した。また、テレビ番組で見せる率直で奔放なキャラクターが注目されている。
少年時代、椎名誠の小説や旅行エッセーを読んで作家を意識し、高校1年の時、17歳でデビューした綿矢りさについての新聞記事を目にしたことをきっかけに、作家を志す。
03年、明治大学付属明治高校在学中に、兄弟間のストーカー行為を題材にした『黒冷水』(河出書房新社)で最年少(当時で3人目)の17歳で文藝賞を受賞、小説家としてデビューする。明治大学商学部を卒業後、授業をさぼり自転車でひたすら北へと走る男子高校生を描いた『走ル』(河出書房新社)で、初めて08年の芥川賞にノミネートされる。10年にはホンダ乗用車若者たちを巡る物語『ミート・ザ・ビート』(文藝春秋)で、14年にはマゾヒズムの快楽を追い求める男たちを題材にした『メタモルフォシス』(新潮社)で、同賞の候補となった。また、11年に『ワタクシハ』(講談社)で、14年に『メタモルフォシス』で野間文芸新人賞候補に、14年には『盗まれた顔』(幻冬舎)で大藪春彦賞候補になっている。
大学卒業後は会社員となったが、09年から専業作家として活動。羽田によると、11、12年ごろ、創作に苦労し、一時は公務員試験を受けるか迷ったが、徐々に克服、14年頃から軌道に乗ったという。
ヘビーメタルバンド「聖飢魔Ⅱ」のファン。芥川賞の受賞の知らせを受けた銀座のカラオケボックスでは、顔に悪魔メークを施して同バンドの「WINNER!」を熱唱した。15年10月には、30歳の誕生日に同バンドとの対面を果たしている。
芥川賞受賞後、テレビ番組の出演が増え、カレーライスを一気に50人分作って2~3カ月食べ続ける、鶏肉4キロを購入して“鶏ハム”を作るという変わったエピソードや、「(自分の作品が掲載された)雑誌の宣伝はお金にならないからしない。単行本じゃないと印税が入ってこない」、「結婚している女性と会っても何もできないし意味がない」といった率直な発言が受け、注目されるようになった。

(南 文枝 ライター/2016年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はだ‐けいすけ【羽田圭介】

[1985~ ]小説家。東京の生まれ。高校在学中に「黒冷水」で文芸賞を受賞してデビュー。「スクラップ・アンド・ビルド」で芥川賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

羽田圭介

日本の小説家。1985年、東京都生まれ。2003年、『黒冷水』(河出書房新社)により当時最年少の17歳で文藝賞を受賞し文壇デビュー。明治大学商学部卒業後、3作目の長編『走ル』(河出書房新社)で08年の芥川賞に初めてノミネートされる。10年に『ミート・ザ・ビート』(文藝春秋)、14年に『メタモルフォシス』(新潮社)でも芥川賞候補となった。また、11年『ワタクシハ』(講談社)と『メタモルフォシス』で野間文芸新人賞候補になっている。15年7月、『スクラップ・アンド・ビルド』(文學界15年3月号掲載)にて第153回芥川賞を受賞した。

(2015-7-21)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羽田圭介の関連キーワード世界遺産日本中国日本のおもな博物館総合年表(北・東・東南アジア)[各個指定]工芸技術部門スペースシャトル飛行記録日本のおもな美術館総合年表(アメリカ)ブラジル

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

羽田圭介の関連情報