羽田空港の再国際化

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

羽田空港の再国際化

羽田はもともと国際空港だったが、1978年の成田空港開港時から「原則として国内専用」となり、国際空港の成田とすみわけていた。2007年5月、第1次安倍政権が「アジア・ゲートウェイ構想」で、国際化の方針を決めた。韓国やシンガポールに24時間使える巨大空港ができ、競争力低下を心配する経済界の危機感を受け止めた。4本目の滑走路が完成した10年10月に、32年ぶりに国際線の定期便が復活した。

(2015-10-31 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android