コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

習読 しゅうどく

大辞林 第三版の解説

しゅうどく【習読】

( 名 ) スル
ならいよむこと。 「古蹟を探討し、古文を-する人に、恒心耐久の徳を顕はせるものあり/西国立志編 正直

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

習読の関連情報