コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翼・翅 つばさ

大辞林 第三版の解説

つばさ【翼・翅】

鳥類の空中を飛ぶための器官。前肢が変形したもので、風切り羽(飛羽)・雨覆あまおおい羽・小翼羽などから成る。
飛行機の翼よく
鳥類。 「はるかの沖より、目馴ぬ-の飛来つて/浮世草子・諸艶大鑑 1
主君を補佐するもの。 「彼等二人は-の臣/浄瑠璃・用明天皇」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

翼・翅の関連キーワード用明天皇浮世草子風切り羽

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android