コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翼・翅 つばさ

大辞林 第三版の解説

つばさ【翼・翅】

鳥類の空中を飛ぶための器官。前肢が変形したもので、風切り羽(飛羽)・雨覆あまおおい羽・小翼羽などから成る。
飛行機の翼よく
鳥類。 「はるかの沖より、目馴ぬ-の飛来つて/浮世草子・諸艶大鑑 1
主君を補佐するもの。 「彼等二人は-の臣/浄瑠璃・用明天皇」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

翼・翅の関連キーワード用明天皇浮世草子風切り羽

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android