コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老フィンランド党 ろうフィンランドとう(Vanha) Suomalainen Puolue; Old Finns

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老フィンランド党
ろうフィンランドとう
(Vanha) Suomalainen Puolue; Old Finns

老フィン人党とも呼ばれる。 19世紀末から 20世紀初めのフィンランドの政党。 1890年代に帝政ロシアの支配強化をめぐってフィンランド党が分裂し,1つは青年フィンランド党を結成。従順派が残って老フィンランド党が成立。祖国の死活問題以外はすべて譲歩し,党の目的であるフィンランド語の公用語化に成功。 1909年までフィンランド議会で多数を制した。 18年の独立とともに解党され,多くの党員は新設の国民連合党に入党した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android